『自然の恵み』の上に成り立つ企業として、安心・安全に基づいた物作りの構築。


会社概要


会社名 六車農園株式会社
代表者

代表取締役 六車 政廣

所在地

宮崎県児湯郡川南町大字川南13220-3

TEL

0983-27-5888

従業員

40名

 

1900年 創業
2009年 六車農園株式会社 設立
2012年 JGAP認証取得 (緑茶)
2013年 JGAP認証取得(大麦若葉)
2014年 6次産業化認定
2015年

大麦、碾茶、工場新設

ティーバッグ製造ライン導入

2017年

茶加工設備のJGAP追加認証取得

(仕上加工設備・ティーバッグ設備)

2019年

紫蘇加工施設新設

 


栽培から加工まで 全工程でJGAP認証を取得


六車農園は1900年に創業し、今年で120年目を数える老舗の農園です。2012年に緑茶でJGAP認証を取得したことを皮切りに、いまでは全行程でJGAP認証を取得。食の安全と環境保全に取り組む農場として日々生産に携わっております。 

広大な大規模農場では、お茶、白菜、紫蘇、大麦若葉(青汁の原料)を生産し、生産から加工まで徹底した品質管理を行なっております。 

2016年よりティーバッグ商品の販売もスタートし、女性を中心に数多くのお客様にご愛用いただいております。

 


六車農園の5つの部門


お茶の栽培・加工

100年以上の歴史を持つ当社は、安心・安全なものづくりを徹底しております。

赤紫蘇の栽培・加工

大規模で生産することにより、栽培コストを抑制し、安定した生産量を確保しています。

白菜の栽培

地域農家と連携し、省資源化による環境への配慮をしております。

ティーバッグ商品の製造販売

2016年よりティーバッグ商品の製造販売を開始しました。

大麦若葉の栽培・加工

栽培から加工まで全行程でJGAP認証を取得しております。



生産から加工まで一貫生産


  1. 創業1900年の伝統とJGAPに基づく良質な農業
    ⇨ 安心・安全な『物づくり』
  2. 広大な大規模農場による効率的な農業
    ⇨ 栽培コスト抑制・安定した生産量
  3. 地域畜産農家との連携による循環型農業
    ⇨ 省資源化による環境への配慮
  4. 栽培から加工までを自社で一括管理
    ⇨ 鮮度維持・コスト削減・品質と量の安定

六車農園の事業内容


  1. お茶の栽培・加工(荒茶)
  2. 大麦若葉の栽培・加工(青汁原料)
  3. 赤紫蘇の栽培・加工(ふりかけ、加工食品用)
  4. 白菜の栽培(キムチ原料)
  5. ティーバッグ商品の製造販売
  6. ティーバッグ商品の委託加工業務

 

大手食品メーカーの原料

六車農園のお茶


宮崎県はお茶の生産量全国4位!
  1.  JGAPに基づく栽培・加工管理
    ⇨基準の明確化・記録の管理

  2. 大規模・多品種の自社栽培、自社加工
    ⇨コスト低減・トレース明確化

  3. 残留農薬ゼロの茶葉(有機栽培ではありません)
    ⇨使用農薬の制限・定期農薬検査

  4. こだわりの水色と自然の甘味
    ⇨ お茶の美しさと美味しさ
新茶の収穫
新茶の収穫